これから婚活をする際に気を付けた方が良いこと

婚活は本来とても楽しく、恋愛する方をとても輝かせるものだと思います。しかし結婚適齢期の女性が婚活をする場合気を付けた方がいい点がいくつかあります。今回は婚活をこれから始める女性へいくつかアドバイスをお伝えいたします。

 

一番重要な点は、焦りは禁物ということです。今すぐ結婚したい、早く相手を見つけなければという気持ちで婚活を始めてしまうと正常な判断が出来なくなってしまう可能性があります。早く結婚したいという気持ちから相手の条件を満たしただけで内面を知らない状態でその方との結婚を考えてしまったり、まだ会って間もない時点で結婚を決断しようとすると後々後悔してしまうかもしれません。なのですぐ結婚したい気持ちが強くても焦らず、相手との関係をゆっくり築く気持ちで始めると冷静な判断が出来るでしょう。

 

二つ目は、一点目とも関わってきますが、男性側に結婚したい様子をはじめから見せすぎないことです。もちろん男性側も結婚したいという気持ちはあるかもしれませんが、出会った当初から結婚を意識したような内容の話、態度をとってしまうと相手側がおじけづいたり緊張したりしてしまい、婚活を進めるのがより難しくなってしまう可能性があります。相手も同じくらいすぐに結婚したいのであれば話は別ですが、相手のペースも考えて行動するとお互いが心地よい関係が築けると思います。以上の点を気を付けることで、婚活する皆さんが楽しく婚活をし、素敵なパートナーと結ばれることを祈っています。

どんな人とどんな人生を過ごしたい?まずは具体的なイメージを

長らく教員をしているのですが、だんだん卒業した生徒が大きくなってから遊びに来ることが増えてきました。彼らは大抵、当時目立っていたタイプなので、顔を見たり声を聞いたりすると、「あぁ、あの子か」と思い出すことができるのですが、ごくまれに、本当に申し訳ないことに名前を聞いてもほとんど思い出せない生徒がいるのも事実です。10代後半は成長盛りですから、学生の頃の面影が全くなくなっているケースがあるんですよね。こんな時は、記憶にないことを心の中で詫びながら、素晴らしい成長ぶりをものすごく褒めてあげています。

 

進学、就職、引っ越し、結婚、出産など、彼らはいろいろな近況報告を話してくれるのですが、最近目立って多くなってきたのが婚活についての話です。婚活中の生徒もいれば、婚活を終えて見事に結婚した生徒もいます。特に、婚活中の生徒から「結婚というゴールに向かってあんな事こんな事をしているが、成功すると思うか」という相談を頻繁に受けるようになり、ひたむきな努力を微笑ましく思っている今日この頃です。

 

そんな彼らに接していて、ある事に気づいてきました。自分が結婚したい相手、出会ってから結婚までの行動、結婚後の生活などを具体的にイメージしている生徒は婚活を成功させている可能性が高く、ただ自分のフィーリングに合う誰かと結婚したいという気持ちだけを抱いている生徒はなかなか進展しない、という事です。先日、婚約の報告を伝えに来てくれた女の子は、こういった内容を手帳に細かく箇条書きしていました。まるで、学生だった頃の志望校合格に向けてのスケジュールにそっくりで驚いてしまいました。

 

でも、よく考えてみると、自分の夢をかなえるという意味では婚活も受験も変わりありません。受験勉強が、ただ単に良い参考書を買って解くだけでは成績向上につながらないのと同じように、婚活も、婚活サービスを利用したり色々な習い事に通ってスキルを身につけるだけでは結婚への前進がないのではないでしょうか。

 

一番大事なのは、絶対に夢をかなえるという熱い情熱と具体的なイメージを自分の中に持つことだと思っています。前例の彼女のように詳しく書き留めておくと、今自分はどういう行動をとればいいのか、それはいつまでに終わらせたらいいのかなどが自覚できますね。私自身も、大きくなった生徒たちから婚活相談を受けるようになった始めのころは、何と答えたらいいのか戸惑っていましたが、今は「受験生だった頃を思い出して、成功までのプランを作ってみよう」と自信をもって提案できるようになりました。