失敗しない結婚のために

結婚相手探しは、サイトでも婚活パーティーでも飲み会や合コンなどどんな手段でも良いと思います。重要なのはその後です。付き合ってから結婚までの間にしっかりと相手を見極めることが大切です。

まずは性格です。フィーリングが合うか合わないかです。お互い違う環境でちがう両親に育てられているので、ある程度の考え方の違いはあって当たり前です。その違いが許せる範囲なのかどうかです。お互いが許せない違いを二人でどのように歩み寄って解決できる妥協点を見つけ出すことがこの人とできるかどうかが重要です。結婚すると24時間とまではいかないですが、ずっと一緒にいます。そのなかで、これは我慢できるけど、これは無理と言った事が出てきます。それを溜め込まず、相手に伝えられるか相手もきちんと受け入れて対応してくれるのかは大切になってきます。

お金の使い方や、財布はどっちが持つのかなども既に決めておいた方が結婚後、衝突せずにすみます。仕事はどうするのかや、家事・育児は分担にするなど、細かく将来を想定してある程度話し合いしておくことがおすすめです。どの程度、将来を想定できるのかを見極めるためです。このときに、結婚なんてまだしない、というような男性は将来性がないと思います。

これから婚活をする際に気を付けた方が良いこと

婚活は本来とても楽しく、恋愛する方をとても輝かせるものだと思います。しかし結婚適齢期の女性が婚活をする場合気を付けた方がいい点がいくつかあります。今回は婚活をこれから始める女性へいくつかアドバイスをお伝えいたします。

 

一番重要な点は、焦りは禁物ということです。今すぐ結婚したい、早く相手を見つけなければという気持ちで婚活を始めてしまうと正常な判断が出来なくなってしまう可能性があります。早く結婚したいという気持ちから相手の条件を満たしただけで内面を知らない状態でその方との結婚を考えてしまったり、まだ会って間もない時点で結婚を決断しようとすると後々後悔してしまうかもしれません。なのですぐ結婚したい気持ちが強くても焦らず、相手との関係をゆっくり築く気持ちで始めると冷静な判断が出来るでしょう。

 

二つ目は、一点目とも関わってきますが、男性側に結婚したい様子をはじめから見せすぎないことです。もちろん男性側も結婚したいという気持ちはあるかもしれませんが、出会った当初から結婚を意識したような内容の話、態度をとってしまうと相手側がおじけづいたり緊張したりしてしまい、婚活を進めるのがより難しくなってしまう可能性があります。相手も同じくらいすぐに結婚したいのであれば話は別ですが、相手のペースも考えて行動するとお互いが心地よい関係が築けると思います。以上の点を気を付けることで、婚活する皆さんが楽しく婚活をし、素敵なパートナーと結ばれることを祈っています。